面倒臭いエアコンの取り付けは専門業者に任せよう!

業者に依頼する前に

エアコン

予備知識を知っておく

エアコンを購入した場合には、多くの場合には購入店で取り付けを行ってもらうといったことが一般的ですが、一方で通販で単体だけを安く手に入れたり誰かから不要になったエアコンを貰ったり買ったりした場合には取り付け作業を行う必要があります。エアコンの取付そのものはDIYが出来る人であればそれほど難しいものではありませんし、電気配線さえ用意されていれば簡単に行うことができます。しかし新規に取付ける必要がある場合などには専門の業者に任せた方が無難です。エアコンの仕組みとしては室外機と室内機があり、それらをつなげるホースがあります。ホースには冷媒を通すための管が2本と室外機に供給するための電線が通っています。電気の供給は室内機側から行われ、家庭用エアコンであれば100Vの家庭用コンセントが近くにあれば取り付けが可能です。エアコン取り付けで難しいところとしては電気を用意すること、ホースを通すための穴を空けることです。電気工事は資格がないと行えませんしエアコンは大量の電気を消費するのでブレーカーから直接引っ張ってくる方が安全です。一方でホースを通す穴も鉄筋コンクリート造であれば難易度も高くなりますし専用の工具が必要です。反対にいえばすでにエアコンの取り付けてあった場所に交換するのであればそれほど難しいものではなく業者に頼んでもそれほど費用は掛かりません。業者にエアコン取り付けを行ってもらうさいには、事前の情報をしっかりと提供することがトラブルを避ける上で重要です。業者としても来たものの電気配線をしなければならない、室内機と室外機のホースが足りないので用意しなければならないといった場合には当日中に取り付けが終わらないケースもあります。